FC2ブログ
 

丈蛇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

頂上対決後半の

感想コメントについてです。



もう頂上決戦扱いでいいんじゃないか。E3的な意味で。
実際決勝は……あれだったし。



さて40話から43話までの感想コメントについての感想です。
追記から。



[40話]

屈指の鬱展開の話でした。感想少なめです。
どう書いていいのかわからない人も多かったようで。

アイアがエロい格好になったのはここ数年の間。下着は黒……。嗚呼……。
まぁ服からして黒が下着の方がいいですよね。
ミョムトにはモンスターと友達はいる、と……。
そのうちの1つがラミコなんですねわかります。3巻表紙のあの鳥。
トーファイにとって、アイアは「4年前」からの付き合い。
アイアは一応「ずっと前」から知り合いだったと説明。
うわぁ……。

ニンテルド軍は捕虜を解放しただけで完全討伐はできていないそうです。
ちっ……いやこれは……。
そりゃトーファイも別の場所で捕まっていたでしょう。ってことはやっぱり……。
トーファイの性別に気付いたおまけ漫画いつー?





[41話]

今回感想が沢山ありますね。それだけ凄かった……。
ミョムトさんマジ憑きモノ落とし。

アイアが教えようとした弱点ってなんだったんでしょう。笛はミョムトの判断って。
共倒れになった場合、判定で勝敗がつくようです。
ジュニアはそこまでか!長いな名前!!
ギアは入院中でオパールはその付き添いで会場にいない。

流れた曲はこのお話のためのオリジナル曲だそうです。
「モビーク山に抱かれて」という。
作詞作曲はクリムゾンさんで編曲は高橋コータさんです。

カーヴァイの音痴っぷりはそれで攻撃できる程ではないようです。
しかし戦意は喪失させそうなのが怖い。

ミョムトが使う「音楽」
他にもダメージを与えたり、体力を回復させたり、生命子の活動を活発にさせたりできるそうです。
何それこわい。

あれは「音楽」を介しての「生命子」による攻撃なので生命子が強ければ防御可能だそう。
たとえばゼリグやベイザーですね。それだけ強いと。
ワジュンも強いけど、至近距離故にきいてしまった……。

あの曲の旋律自体はガンプの有名な童謡だったので音楽に詳しいミョムトは知ってたとのこと。
有効かどうかはミョムトとマノスの推理だそうです。頼もしい従者だ。
あの後笛の練習をするミョムトかわいい。

恋愛フラグの事ですねわかります。
よかったトーファイには発生してないんだ!!
セブーナ……「少し意識している」って……。おい……「少し」……?




[42話]

これも感想多いな!
おお、ミョムトが勝つと思ってた人が多いこと……。

リズム的なものはあるようです。メリッサー!!
4部9月に始まるって……!!始まるって……!別にそんなことはなかったぜ!!
ギガスパークが最高威力の技のようです。他にもあるらしいですが。
しかし彼の技はいい所がないなぁ。不発とか打ち返されるとかかわされるとか。

テジロフとベイザーは頭脳と経験を使って戦う、という点が似ているそうです。
じいさんの話です。
ブロッキングは確実な戦法ではないのでトーファイが防御に関して「無敵」ということではないとのこと。
余程アドレナリンが……。
ああ、序盤での技(回避された)の消耗と笛での消耗はあったようです。





[43話]

バナーが告白っぽいです。なんだこれ。

傷はあまり生々しくならないよう目立たないように描いているようです。
キラーの人たちは体の表面にスプライトという防御粒子が漂っているので切り傷はつきにくいとか。
おおすげぇ。
そういえば「retro」の譜面についてはどうなったんでしょう。
ROUND3の結果については非公開、か。
ミョムトのレベルは62……なにぃまだまだ伸びしろはあると。
切るのが面倒で長髪なのかトーファイはww
らしいといえばらしいです。

ファンブック1巻はまんだらけでも定価で買えたような。
CDキラーの吸収は、命を明け渡したくなるような状況に追い込んで吸収となるようです。
拷問や人質などで……。ああ、うん。(CDキラーが成功した国を思い浮かべ納得)
そんなに強くないと書かれるアレックス将軍ェ。
カーランドはそれなりに強かったようです。
あの誤植はww




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
 

トラックバックトラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。