FC2ブログ
 

丈蛇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「26話:スタンドバイミー」 感想


また久しぶりです。



15日に更新らしいので書きました。
あれ……なんでまた遅くなってんの……?

人気投票の結果はこの対決が終わったらくるんでしょうか。
流石に忘れてることは…ない…よね……。
だって似たような結果になりそ(ry



それではこれでもオブラートに包もうと割と努力してる感想です。
あれで……マシになってるんだ……。
追記から。





本編ページのタイトル「24話」なのいまだ直されないんですが。
線路って元の元のネタか。



前回白旗だったものがちゃんとゾルディア国旗になってます。
あれリストラされなかったのか。よかった。
無印バトランにデータありますよ。


マーサの回想です。
いきなり「私は貴方の本当のママじゃなくて誘拐犯なの」と言われ混乱しました。

回想で見る限り家は金持ちというか。
この人はメイドだったようです。うむ、ロングスカートの素晴らしいメイドです。
よいメイドです。(なぜ二回言った)


segachu_4th_10a.jpg

こわい。

どう見てもむーんさいど的に狂ってます本当に(ry
「言うことをきかない」ってその時点のマーサ赤子やないですか!
躾にしてはなんで鋭利な刃物持ってるんですか!!殺る気に満ちてるやないですか!!

行動力のあるメイドさんでよかったです。
やべぇこれ下手したら死ぬわ。

というかまた実親ロクでもないパターンか!!



マーサを屋敷から連れ出した彼女。
病を宣告され奥様との確執もあって解雇されていたようです。
「本当はただ貴方と離れたくなかっただけかもしれない」と思い返しています。
「あのまま屋敷にいればもっと不自由なく暮らせたかもしれない」と謝罪する女性。



対してマーサは「わかっていた」と穏やかな表情です。
「言葉はわからなくても愛はわかっていた」
生みの親を「あの人達」といい、
キラーとしてのマーサを自分の虚栄心を満たすための道具としか見ていなかったという。
回想の仰々しい機械って一体。



「あの時船の上であなたの子守歌を聞いたときが、僕が本当に生まれたときです」
「僕を育ててくれたこの島が、僕の本当の故郷です」


segachu_4th_10b.jpg


う、うあああ……。
なんだこの人間的にできてる少年は……。
まさかこんな大人びているとは想定外でした。
印象大きく変わったわ……。

セガチューでこんな年代の女性初めてじゃなかろうか。40台?




マーサがなかなか倒れなかったのはここが故郷であり、彼の母親が眠る場所だからか。
満身創痍で歌い始めたのはあの子守唄。

「絶対に勝てない系のボス」
「もうあとは「祈る」しかないよね」


次で終わりでしょうか。
クリスタルはともかく周りのゾルディア兵排除した方が……。


いい話だったんですが感想は書き辛いという……oh……。

予告。マーサ自爆とかしないよね?よね?




スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。