FC2ブログ
 

丈蛇

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「異伝:朝見た夢は 蒼い空の下 明るく歩くこと」感想

タイトル長い!!

テジロフ回かと思ったらまさかのメリッサ回だったでござる。
あとツェリスか。
予想外でうれしい。


最初これサーバが本業の方だったんですよね。
それでブログのみにリンクが貼られてました。
ページにあれな所あったからね。びっくりしたからね。
今はセガチューのアドレスになってますね。


追記から。

ミゴルとテジロフの修行風景から始まりました。
二人のドヤ顔がイラっときたので絵はのせません。
ミゴルが防御に展開したのは多角形障壁でしょうか。

ミゴルはCDキラーとしての戦い方に慣れてきたという。
今までは……うん、まぁ、最近なんかね。
「お前よりも強い奴なんて~」なんだろうあまり実感がわかない。
その数えるほどしかいないっていうのもアレですもんね。


ミゴルの台詞が途切れました。
結局何を言おうとしたんだか。

本部の門前に立っている人影。
テジロフは見覚えがあるようです。
「あのお方」ってだからなんだ。
美女です。美女ということしかわかりません。


segachu_4th_10k.jpg

タイトル下にある英語からしてAVか。女性の名前と合わせてダブルミーニングですかね。
オーディオとアダルトの。


彼女はゾルディア領内での官能芝居の公演許可を求めてやってきました。
これまでコンシューム大陸では必ず取締りを受け公に講演することはできなかったとのこと。
回想はニンテルドですね。あそこ厳しいってゼリグも言ってたなぁ。
下ネタはあるんですけどね☆

規制は厳しいですが人々のニーズは充分にあります。
自分たちももっと堂々とやりたい訴えます。

「公認してほしいとも言わない」
「表舞台に出ようなんておこがましいことを考えてもいない」
「ただ規制をしないでくれるだけでいい」



官能芝居だけでなく他のことにも通じる訴えだ……。


ツェリスはそんなこと許可したら風紀が乱れて性犯罪が増えるとつれない。

segachu_4th_10l.jpg

バルザックとメリッサも気圧される剣幕で反論するエヴィア。
おおう……やっぱりリアルのあれと丁度被るわ……というかあれも兼ねてるけど……。


引いてしまったことを察したのかすぐに謝罪するエヴィア。
こ……こんな人間ができた人滅多にいないぞ!?(この漫画で)
ツェリスは許可は難しいとつれない返答のまま。



エヴィアが退室してから。幹部たちの話し合いです。
segachu_4th_10m.jpg

意外にもメリッサは乗り気。
しかしその「……」はなんなんだミゴル……。
そんな、言いにくいのかこのむっつり。


segachu_4th_10n.jpg

しどろもどろになるミゴル。
メリッサの顔が「このヘタレ……使えない……!!」という顔にしか見えません。
目ェ泳いでんぞてめぇ。このむっつりが。


ミゴルはダメだとツェリスに話を振ります。
彼女がコンシュームでの最高責任者ですからね。
やっぱりつれない。「性的なだけの芝居なんて芝居じゃない」と一緒にするなと冷たい返事。

「栄光あるゾルディア軍」の姿を思い返そうとしたら出てきませんでしたがそれは。
ただでさえ直近のがジカント島でのチンピラじみた言動だったから……。
やっぱり華々しいところをモノローグですっ飛ばしたのがダメだと思うの。
活躍らしい活躍全然出てこないよ!!チンピラくさいのばっかりだよ!!泣いていい!?


そっけないツェリスにメリッサが机をたたいてキレます。
「子役で人気女優だったから官能女優バカにしてんの?」とキレています。


「『官能芝居は芝居じゃない』?『価値が低い』?『自分のやってることはアレよりは高尚なモノ』?」
「そうやって自分達よりも文化的に劣ると思ってるものを見つけて―」
「自分たちよりも低俗だと思うものを見つけて―」
「それを蔑んでたら」


segachu_4th_10o.jpg


ああうん。攻略部隊も上層部も同じゾルディア軍人なんだなぁとは思いましたよ。
対象が違うだけで思考回路が似てるんですよね、とても。


segachu_4th_10p.jpg

ああ!これでメリッサのキャラデザが本業からの流用じゃなければもっと感動できたのに!!
ここまでメリッサが持論を展開すると誰が予想できただろうか……。


それだけ言うとメリッサは部屋を飛び出していきました。言い逃げやん!!
ザザルは唖然茫然。バルザックは意味ありげな沈黙。

さっきの話し合いいつ頃やってたんでしょう。
夜になってもメリッサは帰りません。


徐に口を開くバルザック。
ミゴルとはボンヤサ遠征以来の付き合い……ってお前あそこにいたの!?
一緒の部隊だったの!?回想ではそれっぽい人見えなかったよ!?
他のメンバーとはコンシューム攻略部隊編成からの付き合い。
でもバルザックとメリッサの付き合いは子供の頃から。
ってお前ら幼馴染かよ!!衝撃の事実だよ!!
幼馴染……いい響きだ……。


バルザックの口から静かに語られ始めるメリッサの親のこと。
彼女は拾い子で、母の職業はストリッパーというやつ。
実親どうしたんだよ……まさか捨て……いやいや戦争孤児というパターンも……。
幼いころのメリッサは親がそんな職業についてるのがイヤで、友達も作ろうとしない暗い子ども。
とても想像できない。


segachu_4th_10q.jpg

目が死んでる――!!

メリッサの親は娘とロクに話をしないまま、メリッサが8歳の頃病気で亡くなった。
ということは上のメリッサは8歳以下の……。



segachu_4th_10r.jpg


バルザックあまり変わってないな。
親の葬式に誘うバルザック。何かあったのか、それとも意外と律儀なだけか。
メリッサの語調が普通なんですがこれは。
一人称も「私」だし。


segachu_4th_10s.jpg


乱暴者だけど面倒見がいいバルザック。
まさかのキャラです。ただ単純にナルシーな乱暴者だと思っていたのに!



葬式にはたくさんの人がお別れに来ていました。
多くの人に愛された女性でした。
なんかイベ爺とスペ先生に似た後姿がありますが他人の空似でしょう。大陸遠いし。

呆然とするメリッサに近づく劇場の支配人を名乗る男性。
これが本業ならいかがわしい展開になるところでしょうがこれはセガチューですごあんしんください。
母から預かっていた遺言状をメリッサに渡す。
「母ってどんな人?」「女神だったんだよ」


文字が書けない母が頑張って書いた遺言状。
「あなたたち」って複数形ですがまさかバルザックもそうなの?
バルザックとメリッサは幼馴染兼きょうだいなの??
そうだとしたらなんておいしい設定なんだ。

子どもへの謝罪と、それでも自分はこの仕事に誇りをもっていたことが書かれていました。
「いつかわかってくれるひがくるととうれしい」

「字…まちがえてスよ……」

この時からあの口調になったのか!!作ってたのか!!
そういえばあのヒートアップしたとき口調は……!!


いっぱいの花、別れを惜しむ大勢の人、感謝の声。
それを見て母がやってきたことは決して恥ずかしいことなんかじゃない。
その時、彼女はそう気づいたかもしれないとバルザック。

メリッサがいない時に彼女のフォローをするとかどんだけだよこの男!
まさかのバルザック株がうなぎ上りです。
二人はお互いにフォローし合える関係なんでしょうかね。
テジロフはなんでちょくちょく無言で入ってくるの?(ひどい)


そこに駆け込んできた兵士の連絡。
メリッサが勝手に町はずれに見世物小屋を建設してるとのこと。
な、なにしてるのー!!

テジロフが「見てから決めたら?」と口を挟みます。
「ていうかオレは純粋に見たい」
こいつ!!趣味と実益兼ねようとしてやがる!!


エヴィアはあんなことがあったので訝しんでます。
メリッサに建設許可の権限なんてあったんだろうか……?

そこにやってくるツェリス達。バルザックは上着きたのね。
メリッサは邪魔しに来たのかと警戒。
「見に来た」とツェリス。それから判断すると言う。
エヴィアの態度から、これだけでも大きいことなんだなぁと……。



観覧中のミゴルがすごく……真剣です……。やべぇむっつりだやっぱり……。

segachu_4th_10t.jpg

あれ……そういえばツェリスの年齢って……。
紅潮するツェリスがすごくかわいいんだけど……。
おおっとー!!なシーンがありますがそれは貼り付けませんよここは健全なブログですからね。



さて、感想です。
過激だ、と評しました。
でも表現することに真剣で、官能芝居というのもとても技術のいるプロの仕事だと。
これは本人も同じくプロの女優(子役)だったからこそ、よくわかったのでしょう。

ツェリスが出した条件は1つ。
過激すぎるので18歳未満の者には決して見せないこと。
それさえ守れば口出しはしない。

segachu_4th_10u.jpg


官能芝居公演の許可が出ました。
深々と頭を下げ、お礼を言うエヴィア。


segachu_4th_10v.jpg

この決断はゾルディアにとって大きなプラスに働いたようです。
えろってすごい。流石三大欲求に訴えかけるコンテンツ。
ところでこの話PSじゃなくてPS2じゃないですかね。世代1つ先ですよねこれ。
フライングしてますよねこれ。


ラスト見開きのポエムは別ジャンルの方だとか。
本業に近い方。コラボしてるしねあっち。



今回のようにゾルディアファーストがあーでもないこーでもないって奮闘する話もっと見たかった。
20話もモノローグに済ませずにこういうのが見たかった。
「ゾルディアの偉業」っつってもモノローグだけじゃわからんのよ。



スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。